artist

ABROCK

1995年ターンテーブルに出会いDJにのめり込みレコード愛が生まれる。
京都産業大学レコード音楽研究部にて様々なジャンルに興味を馳せ、1998年DISCO QUEENを結成、RAP活動を通してBEASTIE BOYSのADROCKより名を譲り受ける。

2001年にLONDONへ渡り、ルーツはHIP HOPながらもTECHNO MUSICに影響を受け帰国後DJ活動を再開する。

2007年より大阪のALL TECH&HOUSE PARTY “KRAUSS” のレジデンツを務める。

2008年DanceとSoundの戦略的な融合をはかるため“DETROITJAXX”に参加。そのサウンドアプローチは多彩な“DETROITJAXX”の世界に、カレイドスコープ/万華鏡のような奇跡とも言える広がりと深みを与える。
同時に繊細かつ大胆なプロデュース感覚を駆使してダンサーの動きに命を吹き込み、新たな魅力を引き出し、ドラマチックに演出するスーパーバイザー的な存在。
Hip Hop、House、TechonoからElectronicaを独自の解釈でMIX。
「卓越したバランス感覚と愛のヴァイブをフロアに放つ(TAKEI)」ABROCKは“DETROITJAXX”にとって唯一無二のDJだ。